2022-01

「月は怒らない」あらすじと感想【不遇な環境で育った二人が手にする幸せとは】

個人的に好きな一冊、垣根涼介の「月は怒らない」を紹介していきます。

垣根涼介『光秀の定理』あらすじとみどころ【確率論を取り入れた新しい歴史小説】

僕が好きな作家、垣根涼介の「光秀の定理」を紹介します。 作者の垣根涼介氏は「ヒートアイランド」や「ワイルドソウル」などクライムノベルと言われるジャンルを得意とする作家です。 作家生活が10年経ったらいつかは歴史物を書くと語っていて、その初挑戦作が本作になります! それでは、光秀の定理のあらすじとみどころを解説していきます。

中田永一「ダンデライオン」あらすじとみどころ【タイムリミットは7時間、切なすぎるSFミステリー】

中田永一という作家を知っていますか?切ない恋愛小説や青春小説を得意とする作家です。今日は中田永一「ダンデライオン」のあらすじとみどころを紹介していきます。

山白朝子「私の頭が正常であったなら」あらすじと感想【ホラーと切なさが同居する不思議な世界観】

山白朝子という作家を知っていますか? 切なさや儚げのある幻想的な作風が特徴のホラー作家です。 今回は山白朝子「私の頭が正常であったなら」のみどころと感想、おすすめポイントを紹介していきます!

Kindle Unlimitedで読める乙一の本8選【切ないミステリー】

皆さんは乙一を知っていますか? 切なくも温かい気持ちになるハートフルな作品や、あっと驚くどんでん返しを仕掛ける人気作家です。 今回はKindle Unlimitedで読める乙一の作品を紹介していきます。

乙一、中田永一、山白朝子のおすすめ16選

切なく胸が苦しくなるような作品や、残酷でグロテスクな表現を多用する作品、ファンタジーから恋愛小説まで幅広い作風を持つ作家、乙一。 今回は乙一の中でおすすめの作品を紹介していきます。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました