垣根涼介

「月は怒らない」あらすじと感想【不遇な環境で育った二人が手にする幸せとは】

個人的に好きな一冊、垣根涼介の「月は怒らない」を紹介していきます。

垣根涼介『光秀の定理』あらすじとみどころ【確率論を取り入れた新しい歴史小説】

僕が好きな作家、垣根涼介の「光秀の定理」を紹介します。 作者の垣根涼介氏は「ヒートアイランド」や「ワイルドソウル」などクライムノベルと言われるジャンルを得意とする作家です。 作家生活が10年経ったらいつかは歴史物を書くと語っていて、その初挑戦作が本作になります! それでは、光秀の定理のあらすじとみどころを解説していきます。

垣根涼介「涅槃」が面白すぎた

信長の定理から3年...長かった... ついに発売された垣根涼介の新刊『涅槃』。もう、めちゃくちゃ面白かった... 上下巻合わせると1000ページ近くあるのでかなりのボリュームですが一気に引き込まれてしまい、下巻からは全部読むのがもったいなくなってしまい時間をかけて読みました。
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました