作中で「敵vs敵」が描かれる漫画5選

漫画

敵 vs 敵の展開って燃えますよね!
今回は作中で「敵 vs 敵」が描かれている作品を紹介します。
敵の定義が難しかったので、敵ではないけど味方でもない微妙な立ち位置のキャラクターも含めています。

「敵 vs 敵」が描かれている漫画3選

『HUNTER × HUNTER』冨樫義博(全36巻〜)

Amazonより引用

父と同じハンターになるため、そして父に会うため、ゴンの旅が始まった。同じようにハンターになるため試験を受ける、レオリオ・クラピカ・キルアと共に、次々と難関を突破していくが…!?

Amazonより引用

壮大なスケールで描く冒険漫画

週刊少年ジャンプで1998年より連載スタートし、現在も不定期連載中。
作者は「幽遊白書」や「レベルE」で有名な冨樫義博。これまでに2度のアニメ化と2度の映画化、その他さまざまなメディアミックス化されており、累計発行部数7800万部以上を誇る大人気コミックスです。

少年誌とは思えない残酷な描写、週刊誌とは思えないほどの複雑で緻密な設定、その独自の世界観から熱狂的なファンが多い作品です。

本作を語る上で欠かせないのが魅力的な敵キャラクター。
特に作中最強格の敵キャラであるクロロ vs ヒソカの戦いは多くの読者を興奮させました。

作中で描かれる敵vs敵の戦い
  • クロロ vs シルバ・ゼノ
  • 幻影旅団 vs キメラアント
  • ネテロ vs メルエム
  • クロロ vs ヒソカ

『烈火の炎』安西信行(全33巻)

Amazonより引用

花火師である父親と2人暮らしの少年・花菱烈火は、「忍者」に強い憧れを抱く高校1年生。地元では負けナシと恐れられている同級生・石島土門をも一蹴してしまう烈火は、日頃から「ケンカでオレに勝ったらその人の『忍』になる」と公言しているものの、いまだに自らの君主を見つけられずにいたが…。400年の時を超えた因縁を巡る戦いが幕を開ける!

Amazonより引用

忍者をテーマに描く王道バトル漫画

週刊少年サンデーより1995年から2002年の間に連載された王道バトル漫画。

400年前に暗躍した火影忍軍の血をひく主人公花菱烈火と、治癒の能力を持ったヒロイン佐古下柳が出会ったことによりストーリーが始まります。

治癒能力が狙われ柳の周囲には危険がつきまとい、主人公は柳の忍として守り抜くことを決意します。数々の敵との戦いを通し仲間が増えていく現代の火影忍軍。

物語終盤には最強の魔道具を手にしたラスボスに、柳が連れ去られることになります。
主人公たちは連れ去られた柳を取り戻すため400年の歴史を背負って最後の戦いに望みます。

そして最終決戦の地にはかつての敵で、作中最強キャラクターの一人であり主人公の兄、紅麗とその一味が第三勢力として乗り込んできます。
三つ巴の戦いが展開されてとても熱くて面白いです。

作中で描かれる敵vs敵の戦い

魔元紗 vs 磁生
雷覇 vs 双角斎
紅麗 vs 門都
小金井・ジョーカー vs 綺理斗
ジョーカー vs 門都
紅麗 vs 煉華
紅麗 vs 天堂地獄

『金色のガッシュ!!』雷句誠(全33巻)

Amazonより引用

魔界の王を決めるため、100名の魔物の子供達が人間とコンビを組み、最後の1組になるまで戦う。ファンタジー系バトル漫画。 天才ゆえに妬まれ、友達のいなかった清麿と、素っ裸で清麿の部屋の窓を割って入ってきたガッシュ。二人が出会い、過酷な戦い、運命の中で共に助け合い、成長してゆく物語。

Amazonより引用

魔界の王を決めるために開催される100人のサバイバルバトル

週刊少年サンデーで2001年から2008年まで連載された王道バトル漫画。

中学生の主人公の元にガッシュと名乗る魔物の子と一冊の本が出現し、主人公清麿は魔界の王を決める戦いに巻き込まれる事になります。

相手の本を燃やせば勝ちというシンプルながら秀逸な設定で、それぞれが自分の思い描く王の姿を実現するため、最後の一人になるまで戦いを繰り広げます。

数々のバトルを通して敵が味方になったり組織化された強大な敵も出現します。
作中中盤に描かれる、主人公のライバル「ブラゴ」vs敵のボス「ゾフィス」の戦いはまさに敵vs敵の展開でとても面白いです。

作中で描かれる敵vs敵の戦い

ゼオン vs ロップス
ブラゴ vs ゾフィス
バリー vs エルザドル
パティ、ピョンコ vs デモルト
ゼオン vs リオウ
ロデュウ vs ゼオン
アース vs ゴーム
アシュロン vs クリア

『ワンパンマン』ONE・村田雄介(25巻〜)

Amazonより引用

一撃必殺! 強くなりすぎて、どんな凶悪な怪人もワンパンチで倒してしまうヒーロー“サイタマ”。平熱系最強ヒーローの伝説開幕!! WEB界のカリスマと超絶絵師タッグが贈る、日常ノックアウトコミック!!

Amazonより引用

ヒーローvs怪人 圧倒的な画力で描かれるド迫力漫画

2009年よりWEB上で連載されあまりの人気から「アイシールド21」の村田雄介を作画に迎えリメイク版が発行されます。現在は『となりのヤングジャンプ』上でが連載中。

あらゆる怪人をワンパンで倒すヒーローサイタマを主人公に、街で起こる怪人協会vsヒーローの戦いが描かれます。
序盤から中盤にかけては強い敵が出てきてヒーローたちが奮闘、サイタマがワンパンで倒す。といった流れが続きます。
中盤以降に出現する「怪人協会」「ヒーロー協会」どちらにも属さない存在ガロウの出現によりこの漫画は急激に面白くなっていきます。作中屈指の実力を持っていながらヒーロー側にも怪人側にも属さないガロウvsヒーローと怪人の展開はとても熱いです。

作中で描かれる「敵 vs 敵」
  • ガロウ vs フラッシュ vs 黄金精子

『るろうに剣心』ONE・和月伸宏(全28巻)北海道編(6巻〜)

Amazonより引用

逆刃刀を腰に下げ、不殺を誓う流浪人・緋村剣心――彼こそは維新志士の中で最強無比の伝説をもつ「人斬り抜刀斎」であった。維新後、その熱き想いで人々を守り続けた流浪人・剣心の活躍を描く!

Amazonより引用

実写映画化もされた王道剣客漫画

『週刊少年ジャンプ』で1994年から1999年まで連載されアニメ化、実写映画化もされ、2020年10月時点で電子版を含めた全世界シリーズ累計発行部数は7200万部を突破。現在は『ジャンプSQ.』で続編である北海道編を連載中です。

特に作中で面白いのが作中屈指の人気キャラ、四乃森蒼紫と斉藤一の存在です。
主人公の一味とは敵として出会い戦いその後、最後まで敵とも味方とも言えない微妙な距離感でストーリーに絡んできます。
共通の敵が現れることにより、フラッと戦場に現れ、敵の幹部クラスを撃破する姿は痺れます。

作中で描かれる「敵 vs 敵」
  • 四乃森 蒼紫 vs 志々雄真実
  • 斎藤一 vs 宇水
  • 斎藤一 vs 志々雄真実
  • 四乃森 蒼紫 vs 朱雀
  • 斎藤一 vs 四皇

まとめ

以上!
作中で敵対敵が描かれる漫画の紹介でした!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました